雪だるま柄

 
太宰治の小説「津軽」の中に津軽に降る雪として七つ雪が書かれていたのを思い出した。こな雪 つぶ雪 わた雪 みづ雪 かた雪 ざらめ雪 こほり雪。もし、太宰治が北海道を題材にした小説を書いたとしたら、もっと降る雪の種類を感じたに違いない。わた雪、かた雪、こおり雪、あわ雪、うす雪、どか雪、べた雪、ささめ雪、ぼたん雪、わた雪、にわか雪、たま雪、はい雪、もち雪、ち雪・・・降る雪を思い浮かぶだけでもいろんな種類・名前があります。そんなことを何気に考えながら雪小紋の柄を創ってみました。